アミテクノのホームページへ    最新更新日 : 2001年8月27日

技術情報パート4


  筑波EVミーティングがありました。
  
  日本オートスポーツセンターと日本クラシックカー協会の主催で
  1周2kmの筑波サーキットで行われました。
  2001ワールドエコノムーブインツクバということで、
  遠くは和歌山の高校生チームも参加していました。
  我がトライチャリは、走行中にタイミングベルトが外れるトラブルで
  8kmちょっとしか走れませんでした。
  
  (撮影日:2001年8月19日)


  ワールド・ソーラーバイシクル・レース
  
  7/28〜29にソーラースポーツラインで行われました。
  電動3輪車にソーラーパネルを取り付けて
  太陽エネルギーとバッテリーのみで走行します。
  今年は、関東能開大の学生の小林君と一緒です。
  1周31kmのコースを1.5周しました。(約46km)
  
  (撮影日:2001年7月29日)


  今年もワールド・エコノ・ムーブに参加
  
  2001 W.E.M.が、秋田県大潟村で開催されました。
  私たちは、電気自動車が好きなオジサンと若者の混成チームです。
  風力発電を使ってエネルギーを取り入れようとしましたが、
  大会の規定では支給されたバッテリーのみでの走行なので、
  参考出場となりました。
  
  (撮影日:2001年5月4日)


  まずまずの成果が得られました。
  
  4人のドライバーが1周約6kmのコースを走りましたが、
  5/4の公式練習では、約19.7km、
  5/5の大会では、約23.5km走ることができました。
  今年は、穏やかな天気で風が強くなかったので、
  風力発電の効果はさほどありませんでした。
  
  (撮影日:2001年5月5日)


  バッテリーは10個です。
  
  シビックのコンバートをしているのは、
   関東職業能力開発大学校
  (旧校名:小山職業能力開発短期大学校)の高橋研究室です。
  直列につないで120ボルトにします。
  さあ、後部座席をはずして搭載しよう。
  
  (撮影日:2001年2月11日)


  モータを固定しました。
  
  もともと5速マニュアルですが、
  モータの場合の発進は、2速か3速からです。
  1速から、半クラッチで発進しようものなら
  モータのトルクが大きいので、クラッチ板が焼けてしまうかも。
  
  (撮影日:2001年2月11日)