最終更新日 : 2000年12月25日

技術情報パート3


  ミッションとモータのドッキング
  
  DC120V(外国製)モータとミッションを結合している
  
小山職業能力開発短期大学校の高橋研究室チームです。
  取付のための寸法を測定して、図面を書いたそうです。
  機械加工で結合板や部品を製作しました。
  
  (撮影日:2000年12月24日)


  モータが入るかな?
  
  いよいよシビックのエンジンルームにおろします。
  モータが重たいので左右のバランスは大丈夫かな?
  ローギヤで発進すると、タイヤが焦げたりシャフトが折れることもあるそうな。
  バッテリーをたくさん積んで走り回るところを見たいですね。
  
  (撮影日:2000年12月24日)


  電気自動車エコランレース(EVER2000)に出場(11/12)
  
  拓殖大学電気自動車愛好会主催のレースに参加しました。
  マウンテンバイクに、インホイールモータ(HONDA製)をつけています。
  手のひらサイズのバッテリーは2個です。
  管理が悪くて満充電できなかったので、2.8kmしか走りませんでした。
  拓殖大学チームは、2時間フルに走って18kmでした。
  が、前輪だけしか写っていなくて、ごめんなさい。


  手作りEVレース(HM−EVR2000)に出場(8/26)
  
  武蔵工業大学主催で、工業技術院機械技術研究所の
  自動車試験道路で行われました。
  今回は、弟の博君につきあってもらいました。
  支給バッテリーは、12V−5Ah(古河電池製)2個のみで、
  2時間の間に、3.2kmのコースを何周できるかな。


  1周走ってはピットイン
  
  マウンテンバイクの前輪を取って3輪車にしました。
  製作は、
小山職業能力開発短期大学校の高橋先生です。
  車の名前は、トライチャリですが、
  非常に不安定で、ハンドルと逆方向に傾きます。
  失敗作(設計は私)で、次は寝そべって楽に乗れるものを作ります。
  4周走りましたので、走行距離は約13kmです。