アミテクノのホームページへ   最新更新日 : 2002年3月31日

メカトロニクス


掲示板: メカトロサロン
相撲ロボットは  株式会社ベストテクノロジー  走行ロボットプログラムも
トレースロボットは  エフテック株式会社  マイクロマウスも

マイクロマウス工房(森永英一郎さん)のページ

  高松市で、講演会がありました。(6/9〜10)
  
  日本機械学会 ロボティクス&メカトロニクス部門のポスターセッションです。
  今年も、私の発表したセッションは、「もの作り教育とメカトロニクス」で、
  テーマは「実習教材としてのライントレースロボット(第2報)」でした。
  
  最近、ロボット競技会はさまざまなものがありますが、
  からくりロボットやレスキューロボットの発表や
  サッカーロボット教材の展示がありました。


  マイクロマウス東日本地区大会(9/23)
  
  北の丸公園の科学技術館で行われました。
  競技種目は、クォーターマウス競技とマイクロマウス競技
  それに、東日本支部サーキット競技です。
  今年は第18回で、オリンピックイヤーにちなんで
  コースデザインはsydney2000だそうです。わかります?


  東日本支部サーキット競技
  
  迷路の角から、停止状態でスタートします。
  時計回りで、最外周を2周する時間を競います。
  持ち時間は3分間で、何度でも走行できます。
  マウスは、CPUを搭載していなければなりません。
  (左壁をタッチセンサで判断してモータを回すのはダメです。)


  森永英一郎さん(ドクターマイクロマウス)
  
  MIKE(みけ)シリーズの製作者です。
  オーム社出版のロボコンマガジンでは、ドクターマイクロマウスとして
  実践マイクロマウス入門講座を執筆しています。
  第1回(ロボコンマガジンNo.8)〜最終回(No.14)に載っています。
  実際に製作したもので、実力を試したそうで
  マイクロマウス競技、支部サーキット競技とも第3位でした。


  熊本市で、講演会がありました。(5/12〜13)
  
  日本機械学会 ロボティクス&メカトロニクス部門のポスターセッションです。
  私の発表したセッションは、「もの作り教育とメカトロニクス」で、
  テーマは「実習教材としてのライントレースロボット」でした。
  
  他の発表でも走行ロボットや作業ロボットの実演があり、
  また、ロボット競技に関するものもありました。


  トレースロボット(CPU無し)
  
  トレースロボットは、赤外線センサが白い線を検出して、
  2個のモータの回転数を変えながら走行します。
  
  ○電子回路部・・・センサ回路基板DCモータ駆動回路基板(自作)
   
デジカメ画像です。ピンボケですみません。(00.08.16)
  ○ギヤボックス・・・タミヤ製、マブチモータ付き
  ○アルカリ乾電池4本使用


  トレースロボット(H8マイコン使用)
  
  ○タイヤは中央に配置して、その真上にモータがあります。
  ○ギヤボックス(自作)は、プラスチック歯車にアルミシャフトを通しています。
  ○赤外線センサは、ダイオードの発光をそれぞれ制御しています。(7個)
  ○モータは、Hブリッジ回路により回転方向が変わります。
  ○アルカリ乾電池は、マイコンと電子回路用にそれぞれ4本ずつ使用しています。